顎のしわ・梅干しじわ

顎のしわの原因

顎下のシワは、口元から顎にかけての縦ジワと、特に目立って見える梅干しのような形状のシワがあります。
特にこの梅干しジワが老けている印象をあたえるので気にされている方も少なくありません。
この梅干しジワができる原因は、下唇のすぐ下から、顎の先端の近くまで垂直に伸びている「オトガイ筋」と言う表情筋が関係しています。
オトガイ筋には下唇を上に引き上げる働きがあり、あごの表面にシワを寄せる筋肉です。
加齢とともに、下あごが後退し、上下の前歯の位置に大きな差ができてしまうと、常に下唇をもちあげつづけなければいけません。
そうするとオトガイ筋が常に緊張している状態で、肌にその影響が表れ、梅干しジワが形成されます。

顎のしわにつながる問題点

1)骨格上の問題

①前歯が出ている、下あごが上あごより後退している

出っ歯や、下あごが後退している人は、前歯がかみ合わず、口を閉じる際は下唇を上唇に近づける距離が普通の人より長いため、オトガイ筋に大きな負荷をかけてしまいます。

②開咬である
奥歯で噛んでいても前歯が閉じ切らず、前歯できちんと物を噛みきることができない状態を開咬といいます。
「オープンバイト」とも呼ばれていますが、口が自然に閉じられず、口唇の周囲の筋肉が緊張して梅干しジワになります。

2)口呼吸

普シワ

顎のしわの治す方法・なくすために

上記のように梅干しジワを改善するには、顎や歯並びが原因だと、矯正治療が必要になってきます。しかし、大人になってから矯正治療をすることに躊躇する人も少なくありません。 顎のシワは、オトガイ筋の負担が原因ですが、口の周りにはオトガイ筋以外に多くの筋肉があります。
なので、それらの表情筋を鍛え、フェイスリフトすることによって、口元の負担をある程度カバーできるようになります。
唇の周りを取り囲んでいる口輪筋を鍛えると、口を動かすときに、オトガイ筋の負担を減らすことができ、口元も若々しくたもてるのでおすすめです。

顎のしわを隠すメイク

メイク前にしっかり保湿する

顎のシワは梅干しのように、肌表面にでこぼこが出来ています。顎のシワは、肌が乾燥しているほど目立ちやすく、逆に肌にうるおいとハリがあれば目立ちにくくなります。
おでこのTゾーンにくらべると、顎は皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすいので、メイクをする前にしっかりと保湿を心がけるようにしましょう。
また化粧品で保湿をしてから、保湿効果の高い、化粧下地をつかうと顎のシワを目立ちにくくすることができます。

ファンデーションは薄めに付ける

シワが気になると、そこを隠そうとして、ファンデーションを多めに塗ってしまいがちですが、ファンデーションを塗りすぎると、シワの隙間に入り込み、かえってシワが目立ちます。
顎のシワが気になる場合は、肌の保湿をしっかりと行い、できるだけファンデーションは薄めに塗るように仕上げましょう。
とくにリキッドやクリームタイプのファンデーションは伸びがよく、乾燥しにくいので、おすすめです。

コンシーラーを使う

顎のシワを目立たなくするには、コンシーラーを使ってシワの影の部分を明るくし目立たなくさせる方法があります。
梅干しジワは、肌にでこぼこができているので、このくぼんでいる部分に明るめのコンシーラーを入れていきます。
コンシーラーは派手なイメージで苦手な人もいると思いますが、ハイライト効果のあるフェイスパウダーを顎全体にのせてぼかすと、コンシーラーが目立たず、自然に影の部分を目立たなくすることができます。

顎に視線が行かないようにする

顎のシワが気になるときは、できるだけ顔の下半分に目線がいかないように、アイメイクやチークを使って、視線を上にもっていくという方法もおすすめです。
印象的に見せるために、アイラインやマスカラを使い、目元をはっきりとさせ、目の下に明るめのハイライトを入れて、印象をあたえましょう。
また、普段のチークの位置をより少し高めに塗ることで、目線を顎からはずすというのも効果的でしょう。

顎のしわにヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともとは人体の肌成分に多く含まれており、みずみずしさや、しなやかさを作り出している成分です。年齢とともに体内のヒアルロン酸は減少するため、肌のハリがなくなり、シワが目立ってきてしまいます。
気になる顎のシワに、ヒアルロン酸を注入することで、後退した顎のラインを前に出して鼻先と唇を結んだ線と顎が一直線に並ぶようにすれば横顔美人になり、鼻より上の部分とのバランスも良くなります。
ボトックスとの併用でさらに効果もアップします。

顎のしわにボトックス注射

ボトックスは筋肉の動きを抑制する働きがあり、表情じわのように筋肉によっておこるシワを目立たなくさせる効果があります。
顎のシワはオトガイ筋の負担・緊張が原因ですので、ボトックス注射で、筋肉をほぐし、余計な力が入らないようにすればシワが目立たなくなります。
ボトックスで筋力が弱くなるので口が閉じにくくなったり、うがいや食事が不自由になることがあるのでやりすぎには注意が必要です。

歯科矯正による顎のしわの改善

梅干しジワは開咬や、下あごが後退している場合に起こるものですので、根本的に歯並びを治療するという方法もあります。
矯正治療は、歯につける矯正器具や、透明なマウスピース等さまざまありますが、骨格自体が歪んでいるときは、アゴのずれを治す外科的な手術も中には必要になることもあるでしょう。
矯正治療は少なくとも3年は治療期間がかかりますので、根気よく改善していく必要があります。

しわの治療紹介

ウルセラ

ウルセラ

ウルセラは、皮膚の深部まで熱照射をすることによって、リフトアップなどの効果が得られる治療です。

マシンによる照射だけで部分的にリフトアップできるのが、ウルセラの大きな特長です。超音波を使用するため、皮膚の肌表面に赤みや腫れなどを起こす心配もありません。施術直後からメイクや洗顔なども可能です。

ウルセラは超音波の熱を深部に照射し、皮膚内部に小さなやけど状態を起こすことで、コラーゲンの生成を促します。 詳しくはこちら

サーマクール​

サーマクール

サーマクールは、シワや顔のたるみの改善に効果が期待できる治療です。高周波電磁波による熱作用を利用し、真皮を支えるコラーゲン線維を収縮・修復させることで、引き締めや顔のたるみを改善していきます。

マシンによるたるみ治療として人気が高く、痛みやダウンタイムがほとんどないため、施術直後からメイクも可能です。 詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせはお気軽に

大阪・梅田にお住いの方でアンチエイジングをお考えの方はお気軽にご相談ください。
グランジョイクリニックは「アフターケア」と「予防」という概念から生まれた美容スキンケアクリニックです。

pagetop