レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルの効果

皮膚の奥まで届くから効く

サーマクールはこんなお悩みの方にオススメです。

タルミの改善には皮膚の表面ではなく、表皮の下にある真皮のコラーゲンに作用する必要があります。 レーザーフェイシャルで使用するコメットはメラニン量に関わりなく3~4㎜の深さに達するので、しっかりと真皮層に届くレーザーです。 真皮のコラーゲンに熱エネルギーを与えコラーゲンの再構築を促します。これにより皮膚の収縮が起こりタルミの改善につながります。

コメットはダイオードレーザーとRFを組み合わせた安心の治療機

日本人の表皮にはメラニンが多く存在し、レーザー治療で効果を上げようとして照射出力を上げていくと、肌に強い痛みや、皮膚へのダメージを与えてしまうことがあります。 コメットはそんなダイオードレーザーの熱エネルギーを最小限に抑え、RF(高周波)エネルギーを組み合わせて治療しますので、肌に優しいレーザー治療器です。 コメットはRF(高周波)エネルギーは表皮のメラニンに関係なく、肌下3~4㎜の深さに到達し真皮に作用します。 皮膚に触れる照射面は冷却されているので、目立つ痛みもなく、照射ムラのない安全で安心なタルミ治療が行えます。

レーザーフェイシャルの4つの手順

  • クレンジング

    1クレンジング

    レーザー照射の効果が十分に得られるよう、皮膚に残ったメイクや汚れは完全に落として、治療に入ります。専門のスタッフが行いますのでお任せください。

  • レーザーを10分程度照射

    2レーザーを10分程度照射

    レーザー治療では、非常にまぶしい光を照射します。患者様には院長オリジナルのアイマスクを着けていただきます。 照射中、輪ゴムで軽くはじかれる程度の痛みを伴いますが、麻酔までは不要です。照射時間は10分程度。照射直後は、冷たいタオルを顔全体にあてて冷却します。

  • 3施術後

    施術後はメイクをしてそのままご帰宅できます。腫れはほとんどございませんので、ご安心ください。メイク道具はパウダールームにのメイク道具をご利用いただくか、もしくはご自身でご持参ください。

アフターケア

レーザー治療は、肌に多少のダメージを与えます。アフターケアがとても重要になります。

施術当日の洗顔

施術当日から、洗顔は可能です。ただし、ピーリング用石鹸の使用や、強いマッサージ、強いクレンジングでの拭き取り等は、お控えください。

充分な保湿

レーザー治療後に一番重要なのが保湿です。照射部位はとくに乾燥しています。ビタミン配合の化粧品を1日2回塗り、十分に保湿してください。

日焼け止めクリームの必要性

紫外線は、新たなしみを作ります。日焼け止めクリームを使って予防に努めてください。

そばかすが黒いかさぶたになった場合の処置

そばかすに照射した場合、施術後3~4日で黒いかさぶたになって剥がれ落ちてきます。無理には剥がさず、自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。1回の照射で、すべてのそばかすが取れる訳ではありません。数回の照射を経て、少なくなるものとお考えください。 かさぶたが目立って気になる方は、しばらくはコンシーラーなどで隠すようにしてください。

照射間隔と回数

レーザーフェイシャルでは、一定の間隔をおいて複数回の照射が必要となります。

照射間隔

3~4週間に1回を目安とお考えください。この間隔は、多少長くなってもかまいません。しかし、半年も間隔をあけてしまうと、効果はどうしても限定的になります。

照射回数

通常、4~5回を「1クール」として施術を継続します。何度の照射で効果が現れるかには、個人差があります。当クリニックでは、効果が見られる平均値を取って4~5回を目安にしています。 1クール終えるごとに、担当医と患者さんとでお肌の状態を確認のうえ、後の施術プランを立てます。個人差はありますが、通常2~3か月の間隔をおいて、次のクールに移ることをお勧めしています。

レーザーフェイシャルを受けられない方

当クリニックで使用しているレーザーは、肌に優しいタイプです。それでも残念ながら、体質によっては受けられない方もおられます。少しでもご不安をお持ちの方は、診察時に担当医までお知らせください。

日光アレルギーの方

フェイスラインのたるみ

この症状のある方は、ふだんから紫外線に注意を払っておられると思います。当クリニックで使用している「ロングパルスアレキサンドライトレーザー」は、紫外線ではありません。その点、心配はいりません。しかし、少しでもご不安をお持ちの場合は、遠慮なくご相談ください。

医療用レーザー脱毛で、照射部位に発赤が生じたことのある方

以前脱毛レーザーを受けられたときに、照射部位に発赤が見られた方が、少ないながらもいらっしゃいます。当クリニックでは、ご心配の方には、腫れを抑える薬を処方しています。

強い日焼けをされている方

強く日焼けしている部分には、多くのメラニンが集まっています。この状態でレーザーを照射すると、やけどの危険性があります。少なくとも1か月は様子を見ていただき、日焼けが落ち着いてから、お越しください。

妊娠中の方

「無事赤ちゃんが生まれたら、そのご褒美としてきれいになりませんか」とご説明したうえで、お断りしています。

レーザーフェイシャルが受けられない方には、他の治療方法をお勧めしています。ご希望の方は、遠慮なくご相談ください。

レーザーフェイシャルQ&A

Q 照射中の痛みは、どの程度ですか?
A
痛みの程度を説明するのは、個人の感じ方の違いもあり、簡単ではありません。通常は、「輪ゴムで弾いたような痛み」とお伝えしています。なお、この痛みは照射時だけで、後を引くことはありません。とくに痛みが強い方には、一定効果が保たれる程度に出力を下げて照射します。
Q 照射後の赤みや腫れは強いのですか?
A
一時的に、照射部位が赤くなる場合があります。私たち日本人の肌は、以下の3つのタイプに分けられます。このうち「タイプ1」にあたる方が、治療後赤くなりやすい傾向があります。

タイプ1:紫外線に当たるとかなり赤くなり、1週間経っても色がつかない人
日本人の20%程度を占めています。
タイプ2:紫外線に当たると少し赤くなり、色がつく人
日本人の70%程度を占めています。
タイプ3:紫外線に当たってもほとんど赤くならず、すぐに色がつく人
日本人の10%程度を占めています。

「タイプ1」の方でも、数時間もたてば治まるケースがほとんどです。まれに3~4日、続くことがありますが、その場合は症状にあわせて治療を行っていきます。
Q かさぶた(痂皮)ができたら、どうすればいいですか?
A
「そばかすの部分が黒くなった」とおっしゃり、心配で電話される方がおられます。これはレーザーの光が、そばかすのメラニンに強く反応して、黒くなったもの。いわゆるかさぶた(痂皮)です。 無理には剥がさず、照射後3~4日で自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。その間、気になられる方は、メイクで隠すようにしてください。
Q ニキビ肌ですが問題ありませんか?
A
吹き出物やニキビが出やすい方の場合、レーザー照射後に新たな吹き出物が現れたり、ニキビが多発したりすることがあります。とくに額や口周りに強く現れます。 これは、本来肌のなかにある吹き出物やニキビが、レーザー光に刺激されて現れてくるためと言われています。この状態は2週間程続きますが、その後はほとんど出なくなります。

料金について​

レーザーフェイシャル 初回お試し10,000円
2回目以降 30,000円

※料金は全て税抜き表示になります。

お支払い方法について​​

  • 現金一括お支払い
  • 各種クレジットカードでのお支払い

    下記のクレジットカードをご利用いただけます。

    • VISA
    • MASTER
    • アメリカンエクスプレス
    • JCB
    • Life Card
    • 銀聯カード

    ※ご本人様名義のカードのみのお支払いとなります。ただし、カード名義がご家族の方の場合は、名義人の方が同伴される場合に限り、ご利用いただけます。

  • デビットカードのお支払い
  • スマホ決済
    PayPayで支払いが可能です

※当クリニックでは保険診療は行っておりません。

当院の治療器紹介​​

ウルセラ

ウルセラ

グランジョイクリニックではウルセラを取り扱っております。
ウルセラは超音波の熱を深部に照射し、皮膚内部に小さなやけど状態を起こすことで、コラーゲンの生成を促します。 詳しくはこちら

サーマクール​​​

サーマクール

サーマクールは、シワや顔のたるみの改善に効果が期待できる治療です。高周波電磁波による熱作用を利用し、真皮を支えるコラーゲン線維を収縮・修復させることで、引き締めや顔のたるみを改善していきます。 詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせはお気軽に

大阪・梅田にお住いの方でアンチエイジングをお考えの方はお気軽にご相談ください。
グランジョイクリニックは「アフターケア」と「予防」という概念から生まれた美容スキンケアクリニックです。

pagetop