しわに関するお悩み

しわができる原因

しわができる原因

シワの根本的な原因は、「皮膚の老化」にあります。 加齢によって真皮層にある「コラーゲン」や「弾力線維(エラスチン)」が減少・変性し、肌の弾力が失われてしまいます。

しかし、シワの大きな原因は「紫外線」によるものです。紫外線は日焼けだけでなく、「光老化」を起こします。顔は常に露出しているため、光老化がしやすい環境にあるのです。

子どもの頃は、紫外線を浴びたとしても、新しいコラーゲンやエラスチンを作る能力があるので、シワにはなりません。しかし、年齢を重ねた肌は、新しい線維をつくる能力が衰え、傷ついた線維が残ってしまうため、シワになるのです。

しわを目立たなくする

スキンケア

スキンケア

肌が潤っていれば、形状記憶が働きシワになりにくいですが、紫外線などで肌が乾燥状態になると、形状記憶力が弱まりシワになってしまいます。

加えて、真皮の中で表皮を支えているコラーゲンやエラスチンが壊れて減少してしまうと、作られたシワを肌が記憶してしまいます。コラーゲンやエラスチンの成分は分子が大きいために、肌の深部にある真皮までなかなか浸透しません。

大切なのは、肌の新陳代謝を促して、真皮中のコラーゲンを補給するために「ビタミンC誘導体」を摂取すること。そして、肌の古い角質を落とす「ピーリング」を行うことです。

メイク

メイク

顔を若々しく見せるには、メイクの方法を変えて年齢やシワを目立たなくすることです。特に、シワは「ポイントメイクで印象をぼかし、メリハリのある顔立ちを作る」ことが大切です。

ファンデーション

ファンデーション

ベースメイク用の小物といえば、「コンシーラー」と「ハイライト」。しかし、「ハイライトは使う機会がない」という方のほうが多いのではないでしょうか。

ハイライトはシワの影を飛ばして目立たせなくするのに効果を発揮します。アイメイクをする前に目尻に入れる。そして、目元のシワにはファンデーションを極力少なめに、上からハイライトを入れる。ハイライトは、粒子の細かいパールタイプがおすすめです。

しわのセルフケア

  • マッサージ

    • ほうれい線に効果が期待できるマッサージ

    口の中に両手の小指を入れ、上の奥歯の歯茎の付け根と頬の間を、指の腹を使ってゆっくりとほぐしていきます。右と左、それぞれ2分程度行うようにしましょう。

    • 首のシワ防止のためのマッサージ

    耳の下の辺りをグリグリと押しながら、コリをほぐしていきます。気持ちいいと感じるくらいの強さで行うようにしましょう。

    • 顔のたるみ、シワ防止のマッサージ

    頭皮と顔の皮膚はつながっています。握りこぶしを耳の上に置き、グリグリと回しながら円を描くようにして、頭頂部に向かってマッサージしていきます。

    • 眉間のシワ対策、目の疲れを解消するマッサージ

    こめかみともみあげの間に人差し指と中指を置き、頭頂部に向けて押し流していきます。血行を促進するのに効果が期待できます。

  • 保湿

    シワのセルフケアとして「保湿」は欠かせません。保湿成分の中でも特に効果が期待できる3つをご紹介します。

    • セラミド

    皮膚は細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)、皮脂膜の3つによって潤いが保たれているので、セラミドを補給することは大切です。セラミドは、保湿成分の中で最も効果が高いと言われています。

    • ヒアルロン酸

    セラミドの次に保湿効果が高いのが「ヒアルロン酸」です。肌のバリア機能を回復させる効果もありますので、積極的に化粧品などで補うようにしましょう。

    • NMF

    NMFとは「天然保湿因子」とも呼ばれ、本来は肌に元々備わっている保湿成分です。肌の水分を保持する働きをします。適切なスキンケアをすることが大切です。

  • 化粧水

    多くの方が、シワの兆候を初めて感じる際には、「乾燥」も感じているのではないでしょうか。実はシワを防ぐためには、化粧水を上手に使用することが重要です。

    特に小ジワが気になる場合には、化粧水の後に美容液やクリームで保護するお手入れが大切ですが、適切な洗顔方法で顔を洗うことも非常に大切です。特に、極度の乾燥肌や敏感肌の方がオイルタイプのクレンジングを使うと、さらに乾燥を招いてしまう場合があるので注意が必要です。

    乾燥が気になる方は、メイクを落とすクレンジング剤は、潤いを奪いすぎない乳液タイプやクリームタイプを選び、洗顔後は化粧水でたっぷりと保湿を行いましょう。

  • 美容液

    シワの種類によって美容液を使い分けることも大切です。 表皮ジワ対策には、紫外線防止効果がプラスされたものを選ぶようにしましょう。保湿とUVカットが同時にできます。

    すでに真皮ジワが気になっているなら、最も有効な対策は美容医療を受けることです。また、治療したシワの部分に美容液を塗布するなど、日常的なケアを継続的に行うことが大切です。

  • サプリ

    ある程度の年齢になれば、多くの方がシワに関するお悩みを抱えるようになります。決まった量を定期的に飲むだけのサプリメントで楽にシワが改善できれば…と、考えている方も多いでしょう。
    この記事では、シワのお悩みに良いとされているサプリメントの含有成分や摂取の方法などについてご紹介します。

  • パック

    最初に気になりだすシワは、皮膚が薄い目元・口元にできる、乾燥が原因で起こる「ちりめんジワ」や「小じわ」といった細かなシワです。しかしこれらのシワは、適切なお手入れによって改善する場合があります。

    まずおすすめなのが「パックシート」です。パックシートに保湿美容液をたっぷりとしみ込ませ、小ジワが気になる目尻や口元などにぴったりと貼り、そのまま5~10分ほど放置して待ちます。

    その後は、パックが乾いてしまう前にシートを剥がして、オイルやクリームを薄く塗ります。毎日こまめに続けてパックすることが、改善には最も効果が高いと言えます。

しわの治療紹介

ウルセラ

ウルセラ

ウルセラは、皮膚の深部まで熱照射をすることによって、リフトアップなどの効果が得られる治療です。

マシンによる照射だけで部分的にリフトアップできるのが、ウルセラの大きな特長です。超音波を使用するため、皮膚の肌表面に赤みや腫れなどを起こす心配もありません。施術直後からメイクや洗顔なども可能です。

ウルセラは超音波の熱を深部に照射し、皮膚内部に小さなやけど状態を起こすことで、コラーゲンの生成を促します。 詳しくはこちら

サーマクール

サーマクール

サーマクールは、シワや顔のたるみの改善に効果が期待できる治療です。高周波電磁波による熱作用を利用し、真皮を支えるコラーゲン線維を収縮・修復させることで、引き締めや顔のたるみを改善していきます。

マシンによるたるみ治療として人気が高く、痛みやダウンタイムがほとんどないため、施術直後からメイクも可能です。 詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせはお気軽に

大阪・梅田にお住いの方でアンチエイジングをお考えの方はお気軽にご相談ください。
グランジョイクリニックは「アフターケア」と「予防」という概念から生まれた美容スキンケアクリニックです。

pagetop